ロゴ日本の禁煙動向・ニュース!

たばこ値上げの推移・2016年まで

たばこ1箱の値段 約470円(2016年)

2016年、JT、「メビウス」10円値上げ、「わかば」「エコー」など一部タバコを30円~50円値上げ

日本たばこ産業(JT)は22日、主力ブランド「メビウス」全銘柄を4月から1箱(20本入り)当たり10円引き上げ、440円となる。

銘柄 旧価格 → 新価格(2016/04) 1箱の値段(円)

--------------------------------------------------
●メビウス全般(旧マイルドセブン) 430円→440円
●わかば 260円→290円
●エコー 250円→280円
●ウルマ 260円→290円
●バイオレット 250円→280円
●しんせい 250円→280円
●ゴールデンバット 210円→260円
--------------------------------------------------

2014年、JT、消費税増税で4月からたばこ1箱10~20円値上げ


銘柄 旧価格 → 新価格(2010/10) / 1箱の値段(円)

--------------------------------------------------
●メビウス(旧マイルドセブン)  410円→430円
●セブンスター         440円→460円
●キャスター 410円→420円
●キャビン 410円→420円
●ピアニッシモ 440円→450円
●キャメル 440円→450円
●ウィンストン 400円→420円
●セーラム 440円→450円
●ピース(20本入り) 440円→460円
●ハイライト 410円→420円
●ホープ (10本入り) 220円→230円
●わかば 250円→260円
●エコー 240円→250円
--------------------------------------------------

日本たばこ産業(JT)2014年4月の消費税増5%~8%への増税に伴い、大半の銘柄で1箱当たり10~20円値上げとなる。
マールボロのフィリップモリスジャパン(東京)や、ケントなどのブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(同)など外資系のたばこ会社も値上げとなり、日本で販売されているほぼすべてのたばこが値上げとなる。
JTが価格を改定するのは紙巻きたばこ93銘柄のうち92銘柄で、パイプたばこなどを含めて107銘柄を値上げする。セブンスターとピースは現在より20円高い460円、キャスターやキャビンは10円高い420円となる。ザ・ピースなど一部銘柄は価格を据え置き。

2010年度ドラスティック(劇的)なタバコ値上げ

たばこ1箱約100円UP 実施時期2010/10月1日
たばこ税は1本3.5円増税し、メーカーの値上げと合わせて1本当たり5円(1箱20本入りで約100円)の値上げ。
今回の税制改正では、企業の上乗せ分の値上げ幅も含めて政府が示すという、「異例の決定」。
「たばこ税は増税するべきだと。税収を得るためということより、国民の皆さんの命を大切にする。健康のためという発想を重視したい」(鳩山首相)
藤井財務大臣が語っていたように、『ドラスティック(劇的)を避た方がいいという意見もあったが、でもドラスティックでなければいけない、という意見があった』
ニュースを見ていた私はドラスティックという英語を聞くのが初めてでしたが、字幕に(劇的)と注釈が出ていました。非常に印象的にこの言葉を聴きました。

銘柄 旧価格 → 新価格(2010/10)/ 1箱の値段(円)

--------------------------------------------------
●マイルドセブン  300     410
●セブンスター   300     440
●キャスター    290     410
●キャビン     300     410
●ピアニッシモ   320     440
●キャメル     320     440
●ウィンストン   290     400
●セーラム     320     440
●ピース      300     440
●ハイライト    290     410
●わかば      190     250
--------------------------------------------------

値上げ時期の間隔は5年?そうも言っていられない?

2016/04/01 (平成28年)「メビウス」10円値上げや「わかば」「エコー」など一部タバコを30円~50円ほど値上げ
2014/04/01 (平成26年)ほとんどのタバコが10~20円の値上がり(消費税8%に増税による値上げ)
2010/10/01 (平成22年)ほとんどのタバコが110円の値上がり
2006/07/01 (平成18年)ほとんどのタバコが21円の値上がり
2003/07/01 (平成15年)ほとんどのタバコが20円の値上がり
1998/12   (平成10年)ほとんどのタバコが20円の値上がり


3~5年ごとに小幅な値上げが行われてきた訳ですが、2010年は大幅な値上げとなりました。
さて、タバコの値段がどんどん上がっていくのは世界的な流れですので、間違いなく上がっていくでしょうが、 次回の値上げはどうなるのでしょう?
厚生労働省が発表した平成23年度厚生労働省税制改正要望によれば、「国民の健康の観点から、たばこの消費を抑制するため、たばこ税及び地方たばこ税の税率を引き上げる」とし、来年度も再びたばこ税の引き上げを要望しています。

---------------------------
アジア禁煙動向へ>>