ロゴ禁煙を成功させる為に知っておくべき15の事

禁煙中の不安要素 > 私が成功した禁煙方法

私が成功した禁煙方法

禁煙標識画像

私はこの方法で禁煙に成功しました

私は思い出しように時々禁煙をしまして、5、6回は禁煙をしたと思いますが、ことごとく失敗しました。
(これまでの禁煙方法は、思い立つままに何の準備もせず、そのままただただ我慢の禁煙であえなく玉砕)
=====================
●喫煙歴約17年
●禁煙時期:2006年(実はこの年に禁煙治療が保険適用となりましたが、あまり宣伝もされておらず、その時はそれは知りませんでした)
●家族が喫煙者の状態で自分だけ禁煙を開始
●自分の喫煙タイプを自己分析すると逃避型喫煙タイプ
=====================

そして禁煙に成功したのは以下の方法です。

禁煙方法

ニコチン依存について調べて理解した
禁煙グッズを利用した(花シガーカット)
お茶をすぐ飲めるように用意しておいた
マスクを利用した
・・・以上です

使用したもの

■禁煙グッズ(花シガーカット:約80本)
■ミントティー(乾燥ミントと市販のティーバッグ)すぐいれられるようにテーブルの上にセットして置きました
■マスク

禁煙グッズ画像ティー画像マスク画像

その他ちょっと利用したもの

■スイーツや地ビールなどの自分へのご褒美(禁煙開始から1~2週間ぐらい。カシスビール美味しかったなぁ)
■コカ・コーラ(これは既に禁煙も成功して期間が経った時に、なんとなくスカットしたいなという時に役立ちました)今はほとんど飲みません
■お皿数枚(割りました(^_^;)禁断症状のせいでなく、怒らせる人がいるんですよね、、禁煙中ってやっぱりちょっとイライラするのかしら??)

禁煙経過

たばこの本数をとりあえず1日5本ぐらいと決め、台所の換気扇の下で吸いながら、
「さぁていつから禁煙しようか」、
「たばこってやっぱつまんない行為だよな」、
「ん~なかなかまずいね」、
「今日もまだ貧乏神様(煙草のあだな)を吸ってるのか」、
「あ~今日も逃避行為か」、
と自己暗示をかけつつ、ようやく禁煙開始の決心ができたのがその1か月後

禁煙グッズを用意し、開始。そこからは、禁煙グッズ(花シガーカット)を吸いながら、お茶を一服しながら禁煙。
あれって感じでいつのまにか成功。

禁煙グッズ(花シガーカット)は気付いたら吸ってなかったって感じです。
とってもびっくりするくらい簡単に禁煙できました。禁煙してから既に何年もずいぶん断ちましたが、禁煙後~今までたばこに全く未練を感じた事はありません。
今はたばこの煙がとても苦手です。

うまく行った理由は、ニコチン依存の仕組みについてちゃんと理解をしてから禁煙を開始した事。そして禁煙グッズ、他多少のアイテムを利用した事だと思います。

■禁煙して私が一番うれしかった事■
●肌のトラブルがだいぶ改善した。肌が昔よりはキレイになった
●元気がでた(脳内の神経物質の分泌が正常になったと思います)

私が禁煙で難しかった事

私はヘビースモーカーではありませんでしたが、5、6回は禁煙に挑戦しあえなく失敗!
失敗時の時の状況を振り返ると、ほぼ禁煙は出来ているはずなのに、最後の最後まである場面でタバコが放せず、 喫煙状態に逆戻りし、『禁煙は難しいな』と思っていた事があります。

私の場合は、"怒った時"もそうでしたが、"不安で緊張する時" コレがダメで厄介でした。この怒った時にタバコに手が伸び、不安で緊張する時にタバコがないと心配で携帯してしまうというありさまです。
二束のワラジですが10年間ぐらい人前でピアノを弾く仕事をしてました。
このステージとステージの合間の休憩時間がどうしてもダメでした。そう、緊張です。

さてそれでもタバコを止めようと思ったので、気分をリラックスさせる効果のあるというセントワーズジョーンズというサプリメントを飲んだりしました。
飲んだという安心感だけで、ほとんど効き目はなにも感じなかったので、タバコを完全に断てず、サプリは2ヵ月程で止めました。

次なる方法として、大リーグの野球選手がリラックスと集中の為にガムを噛んでいると知り、ステージの合間の休憩中にガムを噛んでみました。しかし味の無くなったガムが嫌いなのと、人前に出る前に忘れずに口から出さないと危険なのですぐ止めました。

深呼吸して、息をゆっくり吐く、これを1分間くり返す。この方法はまぁまぁでした。

弱気になる自分を克服したいと思い、『スポーツマンの為のメンタルタフネス 著/ジム・E・レーヤー』を読み直しました。この本はかなり良かったです。
短く要約すると、メンタルを強く保ち気持ちで負けない為には、結局は充分な練習と準備、そして睡眠や食事を整えストレスを回復させコンディションを保つ、そしてどうにもならない時の最後の砦としては、コレが好きだいう気持だって事です!
(ちなみに 禁煙チェックシートは、この本の巻末についていた付録を参考にして作っています。)

以上、緊張克服の為にサプリメント、ガム、深呼吸、自己啓発本などいろいろ試しましたが、やはり、完全にはタバコを離せないのです。ココさえクリアすれば禁煙出来るのに。
今までこの理由により禁煙には何度も失敗していました。

しかし、花シガーカットを使って禁煙を始めた回の事です。非常に禁煙も順調に進み、2週間ぐらい経つと花シガーカットもほぼ必要ない状態となっていました。
ただお仕事で週に数回、休憩時間に”不安で緊張”する場面が訪れるので、その場面ではまだ花シガーカットを利用してしのぐ事にしました。
この短い場面でだけのみ花シガーカットを利用していましたが、2ヶ月くらいでしょうか、いつの間にか使わなくなってました。自分でも”あれっ”ていう程簡単でした。
花シガーカットを吸わなくなった後は、昔からやっていた『手の平に人と書いて飲み込む×3回』だけをやっていました。

タバコを止めて思う事は、タバコが緊張の緩和になっていた訳ではなく、やはりニコチン依存と精神的依存が絡み合ってループ状態になっていたんだなという事です。緊張の緩和には、タバコでなくちょっとした儀式(暗示)で充分だった訳です。
また、その後人生ではさらなるプレッシャーのかかる場面もあったりする訳ですが、タバコを欲しいとは全く思いませんでした。というかタバコを吸うと言う事自体思い浮かびませんでした。

時間と集中という面からも、実感としてタバコは良くないです。
たばこを吸うと集中できるという人もいますが、実は本当に集中している時はタバコなんて吸っていないと思います。
反対に考えがまとまらなく、集中出来ない時など、休日だったら一日タバコを吸って、灰皿が山盛りになり、、、1日は暮れ行く、、とう具合です。
タバコで時間を潰すのはもったい。それなら何もしないで寝てる方がまだいいです。

タバコやめて本当によかったと、今でもつくづく、しみじみ思います。

---------------------------